派遣社員という働き方のメリット

若者の間で現在、話題となっている派遣の仕事について。

派遣の仕事というと、派遣切りなどの印象がついてしまっていて、正社員より不安定なイメージが拭えないのは確かだろう。

ではなぜ、今なお人気が衰える事なく、派遣社員という雇用の形を若者が望んでいるのか。いくつかのメリットなどを挙げながら、理由を説明して行きたい。

正社員と違い派遣社員は、派遣会社への登録をして、そこから派遣先を紹介されてから仕事に就く事となるのだが、まずそこで、紹介された勤務先へ行くのか行かないのかを選択する事ができるのが強みではないだろうか。
派遣社員の良いところは、自分が示すある程度の条件にしたがって、派遣会社が仕事の紹介を行ってくれるため、自分が望まない条件の職場に勤務する可能性を少なからず減らす事ができる。その条件というのも、勤務する場所・職種・仕事の内容・勤務時間に曜日といった細かなところまで要望可能なので、自分が本当に働きたい仕事先を絞り込むことができるといったものだ。
遊びたい盛りの若者にとっては、働く時間を選べるというのは嬉しい限りではないだろうか。派遣社員の勤務形態の例として、工場勤務などの3勤3休で働ける職場もあるので、友達と休日を合わせて、どこかへ遊びに出掛けるということも可能であると言える。

また、自分が持っている資格を活かせる職場を選択して、自分の能力を十分に発揮して仕事自体を充実させることだってできるのも魅力的だ。
正社員と違って派遣社員は自分がやってみたい仕事に挑戦できる働き方であり、自分のライフスタイルを充実したものに組み上げるのに適している雇用形態ではないかと言える。
派遣会社によっては、3年勤務していれば、正社員へ登用される場合もある。ただし、よほど優れた人材でない限り、まず難しいらしい。そうなると、派遣社員をずっと続けるというのはリスクが高いものになる。
とは言え、それも考え方次第だろう。派遣社員をさまざまな職場で続けるうちに、自分に適している職業が見つかり、のちのちの人生を開拓するのに役立つのではないだろうか。

それでは、実際に派遣社員として働いた経験のある方々の体験談をこれからご覧頂き、その上で、派遣社員という雇用形態を働き方の視野に入れて頂ければいいと思う。


派遣社員の体験談記事

Let's Share!

RSS Feed Widget